綺麗な芝生にする為に手入れする│プロが変える庭事情

園芸

庭の雑草対策

園芸

気が付かないうちに、あっという間に伸びてしまうのが庭の雑草です。秋に雑草の種ができる前に、草取りはすませてしまいましょう。草取りで大事なのは、地面の下の根も抜き取ってしまうことです。雑草を根ごと抜くのにおすすめのタイミングは雨が降った後です。地面が柔らかくなり抜きやすくなっています。

もっと読む

緑が美しい芝を楽しむ

芝生道具

水やりと芝刈りが基本

庭付きの家に住むのなら、緑が美しい芝生の庭にしてみたいと考える人も多いのではないでしょうか。ガーデニングをするほど園芸には詳しくないし手をかける時間もないけれど、緑が何もないと殺風景で寂しいという場合には芝生はおすすめです。芝生を美しい状態で維持していくためには、最低限いくつかの手入れが必要となります。まずは、最も大切な水やりです。芝生も植物なので、必ず水を必要とします。しかし、水をあげすぎても根腐れなどを起こし、枯らしてしまう原因となります。季節や天候に応じて、水をあげる頻度や量を調節しましょう。夏場は特に水を必要とします。朝、夕の涼しい時間に水をたくさんまくようにしましょう。次は、芝刈りについてです。春から夏は芝生は放っておくとどんどん草丈が伸びていきます。美しい姿を保つためには、こまめに芝刈りをすることが大切です。芝刈り機を利用することで簡単に綺麗に刈ることができます。

観察することが大事

芝生は基本的な手入れをしてしまえば他はさほどの手はかからないため、園芸初心者にも安心しておすすめでます。大切なのは、季節や天候、芝生のある場所の環境によって適した手入れをすることです。植物がどんどん成長する春から夏にかけては芝刈りや水やりの頻度は多くなりますが、冬にはほとんど手入れは必要ありません。庭によっては乾燥気味のところや、湿度が高くなりがちなところもあるでしょう。普段の芝生を観察していると、自分の庭に適した水やりのタイミングなども次第に分かってきます。毎日様子を見ていると、芝生が身近なものとなります。少しずつ手間をかけてあげることで確実に美しくなる芝生の上で、家族で団らんの時間を持つのも楽しいものです。しかし、最近では、仕事や家事に追われ、芝生のことまで気が回らないこともあります。そのような場合には、専門業者に依頼をするとよいでしょう。専門業者に依頼をすれば、時間や手間を掛けずとも綺麗な芝生にすることができます。

伸びすぎた木の処分

剪定

庭で伸びすぎたために近隣や通行人の迷惑になった木を処分するには、インターネットでも多く見つかる伐採業者の利用が便利です。無料見積もりや即時対応に加え、近隣への配慮といったサービスの良い業者ほど人気があります。木を切ることに抵抗のある人は、お神酒や盛り塩などでお祓いをしてくれる業者を選ぶといいでしょう。

もっと読む

庭園を楽しむなら

剪定

庭の樹木を立派に育てていきたいと思っているなら、無計画で伐採をするのではなく、綺麗に整える剪定をおこないましょう。樹木のプロである造園業の方や植木屋さんが対応していますので、自分でおこなうのではなく仕事の依頼をお勧めします。

もっと読む